坂野電機工業所
お問い合わせお問い合わせ
ホームホーム
産業電気機器産業電気機器
AEDAED
会社概要会社概要
Q&AEDQ&AED
Q&AED
AEDとは

 
AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。心臓がけいれんした状態で使用されるもので、心臓が止まっている方には使用できません。

答え:
AEDマップというものが存在します。AEDマップを見て自分の家・職場の近くのどこに設置をしているか確認してみましょう。また、AED設置場所にはAED設置のシールが貼られている場合があります。

答え:
AEDは音声ガイダンスが流れますのでその流れにそって使用を行えば問題ありません。

答え:
資格はありません。一般市民が使用できる医療機器です。

答え:
②で書かれたように、音声ガイダンスが流れますのでその流れにそって使用を行えば問題ありません。また、AEDは診断装置でもあります。AEDは自動で分析を行う為使用対象患者以外に電気ショックを与えることはありません。ですので、誤って電気ショックを与える心配はありません。

答え:
判断基準として、肩をたたき反応しているか、呼吸をしているかなどありますが、倒れている方の意識がない場合迷わずにAEDも持ってきてパットを張りつけてください。④で書かれているように対象ではない場合は電気ショックを行いません。

※すべてのマップに対して自らの登録が可能です。登録を行い精度の高いマップを皆さんで作っていきましょう。

財団全国AEDマップ財団全国AEDマップ

 
(提供:一般財団法人 日本救急医療財団)
日本救急医療財団が運用しているものであり、設置場所ごとに精度表示があり設置の年数などが判断できるマップとなっています。
 
みんなで作るAED Navi

 
(提供:日本AED財団)
日本AED財団が運用しているものであり、市民参加型で投稿が可能です。また現在地から検索を行うことで現在いるところの周りで一番近い位置のAEDを示してくれます。

日本全国AEDマップ日本全国AEDマップ

(提供:日本全国AEDマップ事務局(株式会社アルム内))
株式会社アルムが運営しているものであり、緊急モードにすることで現在いるところの周りで一番近い位置のAEDを示してくれます。
※本サービスが提供するAED設置場所情報は、サービス利用者により任意に投稿されたものです。情報源は正確なものとは限らず、事実とは異なる可能性がありますのでご了承ください

 


 
  • 心臓突然死は日本で、1年間で約 7.9万人、1日で約200人、7分に1人
  • 電気ショックが1分遅れるごとに救命率は約 10%低下
  • 119番通報してから救急車到達平均時間 8.6分
  • 心停止後のAED使用率 4.7%(平成30年)
  • AEDを実施することで救命率は 6倍上昇


(日本AED財団HP参照)


 
心臓振盪とは心筋梗塞や狭心症などの心臓病で発生するのではなく、胸への衝撃が原因で心室細動になる状態です。過去に野球ボールが胸に当たり心臓振盪が発生したという事例があります。心臓振盪は健康な人でもいつ起こるかわからないものであり、特にこどもや若年層に起こる可能性が高いといわれています。子供に起きやすい理由としては大人に比べて胸郭の骨が柔らかい為です。外傷は残らないほどの衝撃でもタイミング・衝撃が当たる位置で発生すると言われております。

 
心肺蘇生法の手順心肺蘇生法の手順

 
(提供:日本医師会救急蘇生法サイト)

 
2011年9月、さいたま市の小学校で6年生の桐田明日香さんが駅伝の課外練習中に倒れ、死亡するという事故がありました。 検証の結果、明日香さんが倒れた直後に「けいれん」や死戦期呼吸と呼ばれる「ゆっくりとあえぐような呼吸」があったために、教師らは心臓が止まっているとは思わずに、校内にあったAEDを使わなかったということでした。
AEDはAEDを使う対象なのかを判断する診断装置でもあります。倒れている人がいた場合、まずAEDで診断を行ってみましょう。


http://aed-project.jp/movies/movie5.html

 
AEDに関する様々な情報が掲載されています。
 
日本AED財団

 

 
ページトップへ